MENU

勝負の2回目デート!今こそナースとホテルでセックスする時!

恋愛マニュアルや恋愛の達人の指導から学んだ、2回目デートの極意をお届けします。この極意を知らなかった時はいくらデートしても彼女が出来る気がしない、友達で終わってしまうどころか連絡も返してもらえなくなるという有様でした。しかし愚直に実行した結果、26歳の妹系看護師と、24歳の巨乳看護師とベッドインすることが出来たのです。今こそナースのオッパイを、オマンコを味わう時です!

 

勝負の2回目デート!今こそナースとホテルでセックスする時!【目次】

 

何が何でもセックスする!


というわけでいきなり極意なのですが、2回目のデートの目的はセックスです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

  • 『2回目じゃ早すぎるでしょ…』
  •  

  • 『そんな早くホテルに誘っても断られるに決まってるし、徐々に仲良くなったほうが良いんじゃない?』

 

そんな風に思うのも当然でしょう。僕も最初はそう思いましたが、恋活アプリユーザーの特性とナースの性格を考えるとこのタイミングがベストだと言えます。むしろ1回目でも良いくらいですが、少なくとも2回目までで勝負を決める覚悟でデートに臨んで下さい。

 

女性はセックスした相手を好きになる!


『女は好きな男とセックスするのではない。セックスした男を好きになるのだ。』

 

まさにコペルニクス的転換ですが、多くの人が誤解しているように、女性は好きな男とセックスをする訳ではありません。逆にセックスした相手を好きになるのですが、恋愛の達人の教えなので信憑性は高いですし、本能的な面でもこれは一理あります。男性に体を許すということは、その男性の子供を生む可能性があるということ。いくらコンドームをしているとは言え、脳はそのことを認識出来ません。つまりその男性が自分の事を守ってくれそうか、浮気はしないか、信頼できるかと見定める必要があるのです。

 

例え勢いでセックスしたとしてもそれは同じことで、女性側としてはあなたの事が気になって仕方が無くなるわけです。また、自分が体を預けた相手がつまらない男だとしたら、自分も同様につまらない人間と言う事になってしまうという正当化が行われ、あなたの評価は上がるのです。要するに自分を抱くのに相応しいほど価値のある男だと、そう思い込むようになるのです。もし2回目のデートでセックス出来れば、その場で彼氏彼女の関係にならなくても、近い将来恋人同士になれる可能性はかなり高いと言えるでしょう。

 

マッチングサイトユーザーの特性とは?


マッチングサイトユーザーは、友達の紹介で知り合った女性や合コンやパーティーで連絡先を交換した相手と比べて、圧倒的に2回目・3回目のデートに応じてくれる確率が低いです。断られるどころか、既読無視をされる確率が高いのですが、その理由は明確。だって、次の相手との約束がありますからね。

 

これこそがマッチングサイトの罠であり、初回デートは出来るのに彼女は全然出来ない人が続出しているのですが、人気のある女性は特に、次のデートの予定がもう埋まっています。あなたとの初回デートはあくまで品定めに過ぎないと思っていたほうが良いでしょう。いくらOmiaiが真剣な女性が多い恋活アプリと言っても、その真剣さとは関係なく、いやむしろ真剣だからこそ、この特性は当てはまります。

 

だからこそ初回デートでは必ず2回目のデートの約束をその場で取り付けること、そして可能であれば手を握ることを目標としたのですが、そこまでして辿り着いた2回目のデートも崖っぷちだと思っていたほうが良いでしょう。そのくらい、マッチングサイトユーザーは1回、2回会った程度の相手を何とも思っていません。だからこそ2回目で女性の子宮を奪う必要があるのです。

 

ナースの特性とは?


もちろん看護師にも色々なタイプがいますが、喫煙率が高いとかB型が多いとか、ちょっと性に対して緩いとか言った傾向があります。日頃命の危険と向き合うような機会が多いから、子孫を残そうとする気持ちが強いとも言われますし、夜勤もあって不定期な勤務形態から、性生活も乱れやすいとも言われています。

 

あなたがデートした看護師がその傾向に合うかどうかは分かりませんが、そのような特性があることは知っておいたほうが良いでしょう。なので、ハッキリ言って他の職業の女性を狙うよりもホテルに連れ込みやすいですし、逆に言えば早めにホテルに連れ込まないと、他の男に食われてしまう可能性が高いという事になります。

 

相手は看護師、しかも恋活真っ只中。そのカラダを最初に手に入れた男性が恋人の資格があるとしたら、3回目に先延ばししているような余裕は無いはずです。恋は短期間。看護師相手の場合は特にそうだとキモに命じておきましょう。

 

どうやってホテルに誘うのか?ナースとエッチするための3つのコツ


以上、なぜ2回目のデートでセックスする必要があるのかを細々と書きましたが、僕の場合ですと2回目にエッチした相手とはもれなく付き合っています。逆に2回目のデートでホテルに行かなかった相手とは、3回目のデートすらありませんでした。100や200といった数のデータではないので信憑性に欠けると思うかも知れませんが、少なくとも目先の快楽が手に入る可能性があるので、ホテルに誘ったほうが良いという事をご納得の上、読み進めて下さい。それは分かったけど、どうやってホテルに誘えば良いのか分からないと言ったあなたのために、3つのコツを伝授します。

 

お酒の力を借りる

女性は、お酒を飲むとセックスしたくなります。金曜日の夜、すなわち宴会が多い日には、セックスしている男女の数も多いと聞いたことがあります。酔うとガードが甘くなるのは当然のこと、普段を下ネタを言わないような女性も、普通にエロトークをぶちまけたりします。この力を使わない手は無いので、あなたは酔わないように気をつけながら、女性が気持ちよくお酒を飲めるようにしてあげましょう。なお、酔うと愚痴が出やすくなるタイプの女性も多いので、その愚痴にイチイチ反論したりせず、仏のような心で暖かく頷いてあげて下さい。

 

自然に体に触る

女性をちょっと飲ませたくらいではホテルには連れ込めません。ただの飲み友達に格付けされてしまう可能性もありますし、そこから抜け出すには体の接触が必要不可欠。あまり言いたくないのですが必殺技をこっそり伝授します。女性の体を触ろうとするのではなく、女性に体を触らせることを考えて下さい。僕の場合は、ジムで鍛えている自慢の筋肉を活用します。腹筋や胸の筋肉を女性に触ってもらえればそのまま自然に相手の肩に手を回して、反対の手で太ももを触ったりすることも難しくないでしょう。

 

太ももまで行ければ、ほぼオマンコまでいけるとは師匠の弁ですが、お腹がぽっちゃりでもそれを触ってもらえるような方向に会話を運べば良いですし、ないものねだりはしないで、今のあなたの武器で対処できるように、頭を捻りましょう。コミュニケーション能力と、自然と女性の隣に座るタイミング作りがポイントですが、興奮しすぎて勃起しないように頭は冷静にいきましょう。

 

ホテルに行く言い訳を作る

自然に体に触る延長で、キスまで出来たら何も必要ないです。女性も分かっているので、何も言わずにホテルに連れていけるでしょう。そうでない場合はややゴリ押しでも構いません。スムーズにホテルにエスコートすることが重要で、ちょっとグダグダしてると女性は帰りたがってしまうので、うまい口実を考えてホテルに連れ込みましょう。2回目のデートでエッチするような軽い女だと思われたくない。女性にはそのような心理が働くのですが、これが最後の障壁になります。その障壁を崩すためには、ホテルに行く言い訳を作る。ホテルに行く事を正当化するのです。

 

  • 『もうちょっと一緒にいたいな…ちょっと休憩していかない?』⇒休憩ならいいかな〜。
  •  

  • 『ホテル行こうよ!何もしないから!!』⇒何もしないって言ってるしいいかな〜。
  •  

  • 『今夜は一緒にいたいけどダメかな?』⇒そんな言い方されたら仕方ないかな〜。

 

使えるフレーズは色々とありますが、あなたのキャラや相手のキャラ・ガードの緩み具合に応じて使い分けてアプローチしましょう。多少ゴネても、粘っても構いません。むしろここで彼女を逃したら、一生会えないと思って全力で頭を働かせましょう。

 

ただし、必死になりすぎるのはNG。冷静さを欠いたあなたを見た女性は、途端に冷静になり、『終電だから!』とか嘘をついて駅に向かってしまいます。セックスを懇願するような男にならないように、スムーズにホテルに向かいましょう。どうすれば彼女がホテルに行く理由を作れるのか?今までの会話や彼女の様子から読み取り、最後は男らしく引っ張ってあげて下さい。

 

2回目のデートの場所と時間帯は?


順番が前後してしまいましたが、今までの内容を読んでいれば、2回目のデートの場所と時間帯も当然分かるでしょう。時間はもちろん夜で、可能であれば翌日相手が休みである日を選び、あなたの誘いを断る口実を1つ潰しておきます。『明日仕事あるから!』は一番使われる言い訳ですが、仕事があるのはこっちも一緒だっての(笑)。

 

個室のあるお店が望ましいですが、いくら個室でも隣の声が響くような場所ではなく、しっかりとした個室があるお店にしましょう。薄暗い感じがベストですが、女性の隣に座れるような、ゆとりのある座席を選びましょう。カウンターのあるバーなども雰囲気があって良いのですが、ボディタッチには進展しにくいのがネック。

 

そして重要なのが立地条件で、近くにラブホテルがあることは必須。駅とお店の途中に、自然にラブホがあるのがベストです。スムーズに女性をホテルに連れ込めるように、下調べはしっかりしておきましょう。あなたが最適だと思うお店が見つかったら、そこを2回目デートの定番にしてしまうと良いと思います。そうすれば例えホテルに連れ込むことに失敗しても、どこまではエスコート出来たとか、どのへんでホテルに誘えば良かったとか、経験値が蓄積できますからね。

 

2回目のデートについてまとめ


2回目のデートは相手をラブホテルに連れ込んでセックスすることが全てです。エッチすることさえ出来れば、3回目のデートでのあなたの告白もほぼ成功しますし、憧れの白衣エッチも近いうちに実現するはずです。マッチングサイトに限らず、相手が看護師であるかどうかに限らず、実はセックスすることが恋愛成就の鍵だったりするのですが、固定観念を取り払い、ナースの体を頂いてしまいましょう。

 

なお、『何もしないから!』と言ってラブホテルに入ったから、本当に何もしないで出てきたという笑い話を聞いたことがありますが、そこは嘘をついて大丈夫です。ホテルまで入ったら、向こうもエッチする気マンマンです。それを男性に悟られたくないだけ、軽い女と思われたくないだけなので、ちょっと体を触り始めたらすぐにスイッチが抜けるはず。あまりにうるさい場合は『変なことは何もしないって言ったんだよ。コレは変なことじゃないよね?』などと理屈っぽく迫りながら、さっさと押し倒してしまって下さい。

 

参考サイト